« 植木鉢の花 | トップページ | 宮崎県の風呂敷 »

義母のお針箱

『お針箱』っていい響きだと思います。

学校の家庭科の授業には欠かせないし、針を持った母の手元、おばあちゃんの手元を思い出します。

旦那さまのお母さんがず~と昔に使っておられたお針箱を頂きました。

木目が何ともいい雰囲気です。

昭和の匂いがして私のお気に入り(^。^)

旦那さまが子供の頃にはあったのでしょう。

このお針箱をあけてどのくらい縫われたのでしょう。

思い出がいっぱい詰まった

Imgp3078min_1

じっと見つめているとお義母さんと旦那さまやその家族の声が聞こえてきそうです・・・

懐かしいって思われた方もいらっしゃるかも☆

私の母もこんなの使っていたのかな・・・母は可愛いもの好きなので籠のような物を使っていたように思うのだけれど。

私が子供の頃はきっとこんなのを使っていたんでしょうね。

Imgp3080mini_2 

古くて木の温もりがあって触ってみるとたまらない。

そしてそして開けてみると色々な収納が考えてあって楽しい♪

今は私が使わせてもらっている義母は何でも縫ってくれたってご旦那さまが言っていた。

小物、浴衣、着物も上手に縫える人で厳しいお母さんだったんですって。

Imgp3082mini_3

このクリップ・・・

これで生地を引っ張ってまっすぐに着物をぐし縫いをしていたんですよね。

Imgp3084mini_1

ここに差し込んで生地をこのクリップでつまむ。

考えてあるなあ・・・[脱帽]

Imgp3086mini_2

上蓋を開けると無数のキズが付いている・・・印付けをこの上でしたんですね

Imgp3087mini_1   

引き出し部分の金具がとてもいい感じ持つとカタンって音がして、コトコトコトって引き出しが出てくるんです。

大切に、大切に使わせてもらいます。

« 植木鉢の花 | トップページ | 宮崎県の風呂敷 »

思い出」カテゴリの記事

コメント

ステキな“お針箱”ですね。
その昔は家族の浴衣から袷まで母親が縫ったのですよね。。。
木の箱のぬくもりはお義母さまのぬくもりですね、いつまでも大切に♪

◆Jーママ様
おはようございます(^.^)
大切に使わせてもらいます。
使い続けてこそ値打ちがあるだろうし、温もりも続いて行くものだと思っています。
旦那さまも実家にあったものをウチで見る度に子供の頃を思い出すって言っています。

わぁ~(*'▽'*)
ステキ~♪
いいですね。
古いものって、私も大すきです(*^-^)
アンティーク調のものは、作れても、時間の重みは本物には勝てないですものね~。

◆Sonoji様
こんばんわ(^.^)
「時間の重みは本物には勝てないですものね」・・・本当にその通りですね。
私も旦那さまも懐かしい物が大好きです。
旦那さまの実家にあった使わなくなった物がなぜかウチにあるんですよ。
ありがたく使っています。


じのさんおはよう御座います♪

何故か郷愁を漂うお針箱・・・いいなぁ~♪
針を持つ時間が増えそう、でも楽しそう♪

◆syou様
おはようございます(^。^)
ショウさんお疲れ様でした。
「郷愁を漂うお針箱」・・・本当にそう思います。
古い事だけでなく旦那さまの思い出も大切に残していきたいと思います。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/191715/15253496

この記事へのトラックバック一覧です: 義母のお針箱:

« 植木鉢の花 | トップページ | 宮崎県の風呂敷 »

2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  
フォト

じの・エコソーイング

  • ベスト風チュニック
    リメイクと簡単ソーイング

トールペイント

  • 額縁
    トールでリノベーションも楽しみます

お皿でアート

  • ゴーヤとミニトマト
    食材で遊ぼう

母の手作り作品

  • 003
    母の作品です

素敵なオーナーさん

  • めがね屋 丹と
    京都市北山にある、ちょっと変わった?! お洒落な?!眼鏡店 めがね屋「丹と」どす

アイケン紹介

  • 可笑しいわぁ
    ワタシ≪アイケンと申します≫ 2012年1月9日永眠いたしました。 15歳でした。
無料ブログはココログ